ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 中川村新型コロナウイルス感染症関連情報

本文

新型コロナウイルス感染症関連情報

記事ID:0000010 更新日:2022年8月24日更新

 オミクロン株BA.5系統による感染拡大が継続しており、県内でも確保病床使用率が64.8%と医療への負担が増大しています。一部の医療機関では、患者の受け入れを制約せざるを得ない状況になるなど、医療提供体制はひっ迫した状態となっています。
 今がまさに「救える命を救うことができない事態を避ける」ための正念場であることから「医療非常事態宣言」に加え、9月4日までを期限として全県に「BA.5対策強化宣言」が発出されました。
 住民のみなさんには、引き続き基本的な感染防止策の徹底をお願いします。

全県に「BA.5対策強化宣言」を発出 [PDFファイル/173KB]

長野県新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベル

BA.5対策強化宣言(9月4日まで)

  全県

医療非常事態宣言

  全県

感染警戒レベル6

  全県

住民のみなさんへのお願い

「入院患者を増やさない」ことにご協力ください

  • 重症化リスクが高い方及びその同居者・⾝近で接する方は、 感染リスクが高い場⾯・場所を避け、最⼤限慎重な⾏動を お願いします。
  • 重症化リスクが高い方は4回目までのワクチン接種を、 同居のご家族は3回目までのワクチン接種の積極的検討を お願いします。

「外来診療の負担軽減」にご協力ください

  • 重症化リスクが低い方も感染リスクが高い場⾯をできるだけ避け、感染 しない、させないよう、改めて基本に⽴ち返り、感染防⽌対策の徹底を お願いします。また、軽症の場合にはあわてて医療機関を受診しないで ください。
  • 20〜40代の方は、若年軽症者登録センターを積極的に活⽤してください。
  • 医療機関を受診する場合にもできるだけ検査キットで⾃⼰検査をお願い します。
  • 休⽇夜間の受診はできるだけ控えてください。救急外来及び救急⾞の利⽤ は、真に必要な場合としてください。
  • 重症化リスクが低い方も感染拡⼤防⽌の観点からワクチン接種の検討をお願いします。

陽性者、医療従事者などへの人権の配慮について

 新型コロナウイルス感染症に係わる差別や誹謗中傷により苦しんでいる人がいます。また、誹謗中傷をおそれるあまりに受診をためらうことは、重症化のリスクを高めるほか、さらなる感染の拡大を招きかねません。さらに、県外との往来が必要な方や、様々な理由によりワクチン接種を受けられない方もいます。
 一人ひとりが「思いやり」の心を持ち「支えあい」の輪を広げ、みんなでこの危機を乗り越えていきましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


関連リンク