ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 中川村新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症の対応~「新しい生活様式」の定着と経済活動の両立~

本文

新型コロナウイルス感染症の対応~「新しい生活様式」の定着と経済活動の両立~

記事ID:0003487 更新日:2020年6月24日更新

 県内の新型コロナウイルス感染症の感染状況は、全国的な緊急事態宣言の解除以降も、住民のみなさんの感染予防の取組によって落ち着いた状況が続いています。
 しかし、6月19日には県域をまたぐ移動自粛の制限が緩和されるなど、感染症のリスクは今後も存在し続けます。このことから、長野県は6月19日から7月9日までの間の対応について、「新しい生活様式」の定着と経済活動を両立する取組を進めることとしています。村対策本部としましても県の方針を基本に、村内の感染症予防と経済活動について次のとおり村民のみなさんにお願いします。

長野県としての対応について(6月19日~7月9日) [PDFファイル/1.15MB]

「新しい生活様式」の定着

 今後は、新型コロナウイルスとの共存を図るために、感染を防止する行動を自ら考え、実践できるよう、「信州版『新たな日常のすゝめ』」をご確認いただき、あわせて「新しい生活様式」に沿った行動を心がけてください。

信州版「新たな日常のすゝめ」 [PDFファイル/1.97MB]

新しい生活様式実践例 [PDFファイル/496KB]

県外との往来

 現在、県域をまたいでの移動制限は緩和されていますが、他都道府県の感染状況を常にモニタリングし、感染拡大が生じた場合は、必要に応じて往来についての注意喚起を行います。
 また、東京都においては新規感染者数が比較的高い水準にあるため、引き続き往来に際して慎重な対応を行い、往来が必要な場合には、人ごみを避け、基本的な感染防止策を徹底するとともに、自らの健康観察を行ってください。

経済の再生を図るための取組

 県では、感染症対策を実施しながら、経済活動の再開を段階的に進めるため、「社会経済活動再開に向けたロードマップ」を策定しています。
 村内においても、今後は各種施設や飲食店などの事業所を利用する機会が増えることと思いますが、常に感染症のリスクを伴っているということを一人ひとりが認識して行動をしなければなりません。
 「新しい生活様式」にもある、基本的な感染対策や日常の生活様式をしっかりとご確認いただき、感染予防と経済活動を両立できるよう、みなさんのご理解とご協力をお願いします。

社会経済活動再開に向けたロードマップ [PDFファイル/1.97MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


関連リンク