ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 教育委員会 > 文化・体育施設の使用上の注意

本文

文化・体育施設の使用上の注意

記事ID:0006307 更新日:2022年3月7日更新

文化・体育施設使用上の注意

(1) 大会等の準備のため、窓口が始まる時間前に鍵を必要とする場合は、使用日の2日前までに教育委員会へ連絡し、鍵の受け取り方法について協議をしてください。

(2) 使用時間15分前には活動を終了し、清掃/整地/備品の片付等を行い、窓の施錠、照明・冷暖房機器等の消し忘れがないか、必ず確認してください。

※ 大会等を実施した後にはギャラリー及びトイレの清掃を実施してください。

(3) 鍵の返却は、申込時間内に行ってください(夜間は午後10時までに宿直室へ)。使用時間が重なり、現地で鍵の受け渡しをする場合は、その旨を窓口へ報告してください。鍵の受渡しは大人の方が責任をもって行い、紛失しないように注意して下さい。

(4) 冷暖房機器や照明(体育施設のみ)を使用した場合は使用時間を窓口へ報告し、その都度所定の料金をお支払いください。(平日の昼間は文化センター事務室、夜間・休日は宿直室へ)。

※ 部活動及び少年スポーツクラブは使用料が100%減免のため、報告は不要です。

※ ストーブの灯油は使用者が補充して下さい。窓口でタンクの鍵・ポリタンクを受け取り、社体南側にある灯油タンクで補充をお願いします。

(5) 使用時に出たゴミは、すべて団体で責任をもってお持ち帰りください。施設内は禁煙となっています。文化センター内は喫煙所で、その他の施設では屋外での喫煙となります。玄関や体育館の扉付近にタバコの吸い殻が落ちていることが多くなっていますので、使用後はゴミが落ちていないか必ず確認してください。小中学校の敷地内は、屋内外問わず、全面禁煙です。

(6) 団体の物品をやむを得ず施設に置く場合は、必ず教育委員会の許可を得てください。

(7) 設備・備品等を破損してしまった場合は必ず教育委員会へ報告してください。

※老朽化等に伴うもの以外の修理費は使用者負担となる場合があります。

(8) 施設に忘れ物・落し物があった場合は、文化センターで預かっています。ただし、保管6ヶ月を過ぎた物は処分します。

(9) 巡回バス等の走行に支障をきたすため、駐車場の区画外への駐車はしないでください。大会等で大勢の方が利用する場合は、誘導を手配をしてください。

(10) 駐車場内では防犯の観点から、車を離れる時は鍵をかけ、貴重品やバッグを車内へ置いたままにしないようにしてください(事故や盗難などについては、一切責任を負いかねます)。

(11) 夜間の活動終了後に大きな声で話すなどの行為は、施設付近の住民の方の迷惑となりますので、配慮をお願いします。

(12) 高校生以下のみで施設利用はできません。必ず指導者または保護者が付き添い、活動及び文化センター窓口で鍵の受け渡し・管理をお願いします(鍵の受け渡しも保護者の方がお願いします)。

(13) 冬期閉鎖期間中(12月8日~3月24日)は、社会体育館前や村民グラウンド内の水道は凍結防止のため使用できません。止水弁を開けて使用することの無いようお願いします。

(14) 通常施設利用申込予約は、使用日の1ヶ月前からです(少年スポーツクラブの予約は2ヶ月前から)。事前に周知募集が必要な大会等の予約は使用日の3ヶ月前から可能です。社会教育関係団体の定例使用申し込みは、毎年2~3月に受け付けていますので、教育委員会までお問い合わせください。

(15) 令和4年度から、定例使用予約の日程変更は受け付けませんので、新規申し込みをしてください。

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?