ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て > 産後ケア事業について

本文

産後ケア事業について

記事ID:0002031 更新日:2020年4月1日更新

出産後のお母さんと赤ちゃんを守るために

 出産後、産後うつなど心身の不調を抱えるお母さんが増えています。退院後にもお母さんと赤ちゃんが助産所等に宿泊して助産師などの専門的なケアを受けることができます。

 産後の手伝いが不十分である、お母さんの産後の回復が思わしくない、産後うつのリスクが高いなど、諸条件に該当される方へは、産後ケア事業の利用をお勧めしており、その際には要する費用の一部を補助しております。(最大7日間以内)

  • 制度の利用を希望される方は、利用される前に必ず保健センターへご相談下さい。(0265-88-3002)
  • 利用前の相談がなかった場合には、費用の補助ができない場合もあります。
  • 自己負担額の7割(1日の上限17500円)を補助しています。(諸制限あり、必ず利用前にご相談下さい
  • 産後1年以内の母子が利用できます(諸制限あり)。
  • 全国の助産所、病院を利用することができます。

※産後入院の補助以外にも、助産院でのデイケア、タイムケア、助産師の訪問なども利用できます。

まずは、保健センターまでご相談下さい。