ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村長部局 > 地域政策課 > 指定管理者制度について

本文

指定管理者制度について

記事ID:0009467 更新日:2024年2月1日更新

制度概要

指定管理者制度は、公の施設の管理運営に民間事業者等が有する能力(ノウハウ)を活用することにより、住民サービスの向上と経費の節減を図り、施設の設置目的を効果・効率的に達成することを目的に、平成15年6月の地方自治法改正により創設されたものです。

中川村の対応について

中川村指定管理者制度ガイドラインを策定しました。

村では、平成16年度から指定管理者制度の導入を進め、現在、40を超える公の施設で制度を導入しています。
村の指定管理者制度の運用に関する原則・方針等を定め、公の施設の管理運営における様々な課題等への対応や、指定管理者制度の円滑な運用、また、各施設の設置目的をより効果的かつ効率的に達成し、住民サービスの向上を図るため、令和6年2月に「中川村指定管理者制度ガイドライン」を策定しました。

条例

平成16年12月議会で「中川村公の施設に係る指定管理者の指定手続き等に関する条例」を制定し、この条例に従って指定管理者の募集等を行っています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)