村長の部屋 「日本で最も美しい村」連合 村からのお知らせ・募集 ふるさと応援寄付金 ふるさと応援団 広報なかがわ 最近のできごと 放射線量測定結果 緊急情報等配信サービス 休日当番医 主要連絡先 職員募集
日本一美しい村、中川村 ブランディングサイト 中川どんちゃん祭り 中川村観光協会 YouTube 中川村チャンネル 中川村お試し住宅 中川村お試しシェアオフィス 雨量計システム

中川村発足60周年記念ロゴマークが決定しました!

 中川村は昭和33年に南向村と片桐村が合併して誕生し、今年で村発足60周年を迎えます。

 村発足60周年の周知と機運を高めるため、記念ロゴマークを昨年11月から2月にかけて公募したところ、94点の応募がありました。審査会を、2月28日(水)に開催し、入選作品が次のとおり選考されました。
 入選した作品は、広報なかがわ、60周年記念誌、記念事業チラシ、名刺などで使用します。

審査会


 委員長  村 長
 委 員  副村長
       塚平 秀男 氏(発足60周年記念誌委託業者デザイナー)
       佐々木孝彦 氏(長野日報社記者)
       宮沢 久記 氏(信濃毎日新聞社記者)
       総務課長 他関係職員3人

入選作品 ※各賞の掲載順は応募受付順


タイトルなし
最優秀賞
梅村 元彦 さん(愛知県春日井市)

【選考理由】
 中川村の暖かさが表現されていて、「一人ひとりの笑顔が活きる美しい村」にふさわしいロゴマークである。
 「なかがわ」の文字と桜を組み合わせて表現し、わかりやすい。「60」のデザインからは、中川村の川や山をイメージすることができ、自然の豊かさが表現されている。

タイトルなし

優秀賞
松岡 英男 さん(山形県山形市)

【選考理由】
 イラストの配色が美しい。アルプスと里山風景が、中川村のイメージとよく合い、「日本で最も美しい村」らしいロゴマークである。

タイトルなし


黒田 富士雄 さん(静岡県静岡市)

【選考理由】
 「中川村」の漢字を使って中川村らしさを表現している。配色がポップで、明るさが感じられる。

タイトルなし
佳作
青柳 謹一 さん(埼玉県川越市)

【選考理由】
 “村らしさ”から、懐かしさや親しみやすさが感じられる。全体的なまとまりがありわかりやすい。

タイトルなし


杉山 市郎 さん(千葉県柏市)

【選考理由】
 色を敷き詰めることで、目に飛び込んでくる印象を受ける。「60」と「中川」を花火と組み合わせてうまく表現している。

タイトルなし

米澤 咲恵 さん(東京都文京区)

【選考理由】
 ラフに仕上げたデザインが、芸術的な中川村に合っている。「N」と山の稜線を組み合わせ、工夫されている。

特別賞
下平 朱音 さん(中川村葛島)
【選考理由】
 応募者の中で最年少。楽しい気持ちがデザインから伝わってきました。

兵庫県立川西緑台高等学校1年生16人
【選考理由】
 多くの生徒さんから応募いただきました。中川村のことをよく調べ、美術のデザインの授業で学んだことを活かし、それぞれが感じた中川村のイメージがロゴに表現されていました。

ロゴマークの使用にあたって


ロゴマークを使用したい場合は、関係書類を添えて申請書を提出してください。