村長の部屋 「日本で最も美しい村」連合 村からのお知らせ・募集 ふるさと応援寄付金 ふるさと応援団 広報なかがわ 最近のできごと 放射線量測定結果 緊急情報等配信サービス 休日当番医 主要連絡先 職員募集
中川どんちゃん祭り 中川村観光協会 YouTube 中川村チャンネル 中川村お試し住宅 中川村お試しシェアオフィス 雨量計システム

1月のできごと

2017年1月30日(月)
献立にカミンちゃん高野豆腐が登場


タイトルなし
タイトルなし
 今日の献立は、チキンカレー、福神漬け和え、カミン豆腐のゴマ味噌、牛乳です。

 カミンちゃんの刻印入りの高野豆腐であるこの豆腐は、飯田女子短期大学の安富和子先生が発案したもので、通常よりも噛みごたえのあるカミカミ食品です。成長期の子どもにとって、アゴを鍛えることはとても大事。給食センターではこれからも噛み応えのあるメニューを給食に出し、食を通して子供たちの成長を応援していきます。今日は衣を付けてゴマ味噌で和えた献立となって登場しました。

 来月8日(水)に高校入試前期試験を控えた中川中3年生、給食をたくさん食べて、頑張って勉強してください。


2017年1月24日(火)~26日(木)
連日厳しい寒さがつづく


タイトルなし
 冬型の気圧配置で全国的に厳しい寒さとなった今週、中川村でも厳しい冷え込みとなりました。役場の観測点でも、最低気温が24日(火)-7.9℃ 25日(水)-9.3℃ 26日(木)-8.9℃を記録し、この冬一番の冷え込みであったことがうかがえます。

 寒い季節は、水道管や水道メーター、蛇口などが凍結し、水が出なくなる、水道管が破裂するといった水道のトラブルが起こりやすくなります。水道メーターの保護、不凍栓等による水抜き、電熱帯の通電確認などの対策をしましょう。もし普段水気のない場所で水が噴いているなどを発見した場合は、役場までご連絡ください。

 写真は、25日朝の桑原1の滝の様子です。


2017年1月25日(水)
小渋湖でも釣り日和


タイトルなし
 より一層冷え込んできた今日この頃、小渋湖へ釣りに訪れる方が多く見られるようになってきました。
 小渋湖は、昭和36年に起きた三六災害による深刻な被害を受け、多目的ダムとして小渋ダムが建設された際に、貯水のため作られた人工湖です。小渋湖を訪れた際は、私たちの生活を支えてくれている小渋ダムにぜひ思いを馳せてみてください。

2017年1月22日(日)
生活習慣予防減塩推進スキルアップ事業≪若者・働き世代編≫


4班に分かれ調理、どこも美味しくできました!
4班に分かれ調理、どこも美味しくできました!
塩分濃度も測定してみました。
塩分濃度も測定してみました。
塩分・カロリー控えめでもボリューム満点です!
塩分・カロリー控えめでもボリューム満点です!
 中川村食生活改善推進協議会は22日、飯島町食生活改善推進協議会と合同で、若者や働き世代を対象の料理教室を開催しました。30名ほどが参加し、楽しく調理してお昼ご飯を食べました。メニューは、

・お手軽キーマカレー(主食)
・鮭の南蛮漬け(主菜)
・アスパラとパプリカのにんにくしょうゆ炒め(副菜)
・カラフル白玉のぜんざい(デザート)

で、4班に分かれて調理し、食改のみなさんの指導のもと、生活習慣病予防や減塩につながるレシピを学びました。

 調理後には、管理栄養士からの講義があり、1日当たりに必要なエネルギー量とカップ麺やスナック菓子、清涼飲料水のエネルギー量を学んだり、調理したご飯の塩分濃度を測り、食事の適切な塩分濃度0.8を体感したりしました。1日に350g以上の野菜を摂取することや、食事の始めにまず野菜を中皿1枚程度食べることは生活習慣病予防に効果的だそうです。
 
 中川村食生活改善推進協議会では2月12日(日)の中川村健康福祉大会に合わせて活動紹介の展示や「生涯骨太メニュー」の試食提供を行います。みなさん健康福祉大会にもぜひ足をお運びください。

2017年1月21日(土)
第41回 中川村三者共催講演会


左:新津さん 右:生沼さん
左:新津さん 右:生沼さん
家のお掃除に取り入れられるかな・・・。
家のお掃除に取り入れられるかな・・・。
各校のPTA副会長さんが、難題を持ち寄りました。
各校のPTA副会長さんが、難題を持ち寄りました。
 中川村公民館、中川村社会福祉協議会、小中学校PTA連絡協議会の三者が共催で実施している三者共催講演会が今年も行われ、羽田空港を「世界でもっとも清潔な空港」にしたカリスマ清掃員として有名な新津春子(にいつ・はるこ)さんが「清掃はやさしさ」と題した講演を行いました。

 コーディネーターとして共に登壇した生沼深志(おいぬま・しんじ)さんは、12年前から中川村にファームサポーターとして来ており、また信州なかがわハーフマラソンにも出場されています。ファームサポートを受け入れる東小学校祖父母の会の役員の方の紹介でこの講演が実現しました。

 各校のPTA副会長3名もパネリストとして登壇し、ガス台の五徳や換気扇のカバー、汚れた鏡などを持参し、プロの清掃方法を学びました。220名ほどの来場者は、思いやりをもつことから掃除の仕方まで、掃除から広がる幅広い講演を聞くことができ、家庭でのお掃除にますます磨きがかかりそうです。

 11月に村内3校で特別授業もしていただいた新津さん、中川村の子はみんな明るく素直、また村も自然がきれいであたたかい方ばかりとの感想を述べられました。

 閉会後には書籍の販売とサイン会も行われ、充実したひとときとなりました。



 なお、当日参加されたみなさんから出された質問等に対し、新津さんから回答をいただきました。回答の内容については下記からご覧ください。



2017年1月15日(日)
消防団出初め式


タイトルなし
 この冬一番の寒さの中、中川村消防団の出初め式が挙行されました。
 寒空の中チャオの前を村民のみなさんが見守る中、団員一同がきれいに整った行進を行いました。
 文化センターで行われた式典では多くの団員が表彰され、そして村長と多くの来賓の方から中川村消防団の益々の発展を願うご祝辞をいただき、団員一同消防団活動への思いを新たにしました。

2017年1月14日(土)
村内各地でどんど焼き


道祖神の前でどんどやき
道祖神の前でどんどやき
お餅を焼いて食べて無病息災
お餅を焼いて食べて無病息災
 小正月を前にして、村内各地でどんど焼きが行われました。各家庭・事業所の正月飾りや書初めの習字紙などを集め、組み立てて火をつけると、勢いよく燃え上がりました。どんど焼きのおきで焼いたお餅を食べると、1年間病気をしないといわれています。

 会場では厄年の方や地区役員などから酒やみかんが振舞われ、暖を取りながら地域の話題で盛り上がりました。

 今年一年、みなさんが健康で過ごせますようお祈り申し上げます。

2017年1月4日(水)
平成29年仕事始め式


タイトルなし
 正月も過ぎ、役場では通常業務を再開しました。仕事始めとなった4日には、仕事始め式が行われ、村長から「役場の仕事は村民のみなさんの活躍するフィールドを整えること、それぞれの職務で下支えを」などと職員に訓示が行われました。

 あけましておめでとうございます。職員一同本年もよろしくお願いします。

2017年1月3日(火)
平成29年中川村成人式


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 今年も中川村成人式が挙行され、新成人47名が出席しハレの日の門出を祝いました。今年の成人式該当者は男性30名、女性27名の合計57人です。村の成人式は昭和36年以来、一貫して1月3日に行われています。

 主催者あいさつでは公民館長から祝辞が述べられ、成人された皆さんが生まれた平成8年頃のできごと(民主党の結党、SACO合意、インターネットの普及)、流行(生足、ストッキング)などが紹介され、また公民館からは記念品として記念写真と金封袱紗が贈呈されました。
 成人代表からは、これまでの感謝や中学校卒業からの進路、今やっていることなどが語られ、人生は1度しかない、私たちのできることを精いっぱいやる、近い将来恩返しができればなどと決意を新たにしていました。
 会場には小中学校の恩師の先生4名も出席し、学校での思い出や、大きく成長した子供たちを見ての喜びなどが伝えられました。

 式典終了後には恒例の1分間スピーチが行われ、出席者全員が近況報告や各々の目標などを発表し、記念撮影後の祝宴では、久しぶりの再会に会場は盛り上がりを見せていました。

 新成人のみなさん、成人おめでとうございます。お勤めの方も学生の方も、村内で暮らす方も遠方の方も、中川村の仲間を大切にして、今後益々ご活躍されることをお祈り申し上げます。


2017年1月1日(日)
陣馬形山からの初日の出


タイトルなし
タイトルなし
 陣馬形山山頂広場には今年も80人ほどが集い、ご来光を待ちました。7時頃、中央アルプスの山頂が朝焼けに色付きだすと、徐々に付近が明るくなりました。7時24分、南アルプスは塩見岳の山頂右手付近から初日の出が観測されました。日が差し込むと歓声が沸きあがり、寒さの中ご来光を待ちわびたみなさんはあたたかい日光に照らしだされ、太陽の偉大さを実感しているようでした。

 元旦の朝は天候に恵まれ、村内各地でも初日の出を拝む人の姿が見られました。8時頃から新年拝賀式を行う地区も多く、新年の始まりを祝い合いました。2017年も平穏な日々となりますようお祈り申し上げます。
 

2017年1月1日(日)
除夜の鐘が響く


タイトルなし
タイトルなし
 今年も31日未明から元旦にかけて常泉寺から除夜の鐘が響き、新年を迎えました。常泉寺では毎年、二年参りの参詣者が梵鐘をつき鳴らし年越しが行われます。これは「除夜の鐘をつく会」のみなさんが行うもので、戦争中に供出して無くなった梵鐘が昭和24年に新たに鋳造されて以来継続されているそうです。子供から大人までみんなで1回づづ、合わせて108回の鐘をつきました。

 村内各地の寺社でも二年参りが行われ、「あけましておめでとうございます」の声を掛け合う参詣者らの姿が見られました。
この記事の担当 (問い合わせ先)
総務課むらづくり係
〒399-3892
長野県上伊那郡中川村大草4,045番地1
TEL 0265-88-3001(代表)
FAX 0265-88-3890
電子メール kikaku@vill.nagano-nakagawa.lg.jp