村長の部屋 「日本で最も美しい村」連合 村からのお知らせ・募集 ふるさと応援寄付金 広報なかがわ 最近のできごと 放射線量測定結果 緊急情報等配信サービス 休日当番医 主要連絡先 職員募集
中川どんちゃん祭り

5月のできごと

2016年5月31日(火)
東小学校で田植え


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 31日(火)東小学校5年生の皆さんが、田植えを行いました。東小学校では昨年度から引き続き、信州型コミュニティースクールの仕組みづくりに取り組んでいます。この日も、5年生の児童、PTAの役員のほかに地域の方も参加しての作業となりました。この日、植えた苗はもち米で、収穫後には餅つきも行われるそうです。
 1列に並んで、張られた紐に沿うように丁寧に植えていきます。泥の感覚を素足で味わいながら進んでいきました。毎日の水管理や土手草刈、収穫などまだまだたくさんの作業がありますが、実りの秋が楽しみな様子でした。

2016年5月27日(金)
みなかた保育園で参観日


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 27日(金)みなかた保育園で参観日がありました。摘んだヨモギを使って、親子でヨモギ団子づくりが行われました。団子ができると、調理室で茹でてもらってみんなでいただきまーす! 美味しく食べられました。


2016年5月26日(木)
西小学校でお茶摘み


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 中川西小学校で毎年恒例のお茶摘みが行われました。西小のお茶の木は、「やぶきた茶」という霜に強い品種です。ならったとおりに、1芯3葉を丁寧に摘みました。高学年は低学年の面倒を見ながら、和気あいあいとお茶摘み。製茶工場で新茶に加工され、後日児童会行事で味わうほか、村内の福祉施設や公的機関などに配られる予定です。



2016年5月21日(土)
こども読書の日おはなし会


タイトルなし
タイトルなし
 図書館では、「子ども読書の日」に合わせたイベントとして「こども読書の日おはなし会」を行いました。保育士さんとして活躍していたメンバー5人でつくる「おきらくごんた」の皆さんが図書館にやってきて、お歌やダンス、パネルシアターや紙芝居を披露しました。中でも「瘤取り爺さん」の紙芝居は臨場感たっぷりで子供たちはお話の世界に引き込まれていました。
 またカウンター前には飛び出す仕掛け絵本も展示され、子供たちは図書館や本に親しみを深めていました。

2016年5月21日(土)
飯沼の棚田で田植え


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 飯沼地区の傾斜地に階段状に広がる棚田の田植えが5月21日(土)に行われました。
 棚田の荒廃防止と、酒米「美山錦」の栽培から酒造りを通じて地域の活性化を図るこの取り組みとして今年で13年目となる田植えには、棚田の景観保全に取り組む「飯沼農業活性化研究会」のメンバーや伊那食品工業、米澤酒造の職員、一般村民など約40名が参加しました。
 棚田のうち2枚は手作業により植えられ、遠くから駆け付けた大勢のカメラマンがチャンスを捉えてシャッターを切っていました。棚田11枚、今年は約50アールへ作付が行われ、秋には米の収穫が行われる予定、また来年には地酒「今錦おたまじゃくし」となり発売されます。


2016年5月16日(月)
牧ヶ原の農地でひまわりの種蒔き


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 西小学校の3年生と片桐保育園の園児が牧ヶ原の遊休農地にひまわりの種を蒔きました。このひまわりは、中川村地域おこし協力隊の大石将司隊員が昨年から村の方々の協力を得ながら作付を始めたものです。食用ひまわり油を搾取するための品種で、「」といいます。「なかがわひまわりおいる」として年末に商品化されました。
 今年は、昨年よりも多くの方に協力してもらい、作付面積を増やしています。今回は牧ヶ原開田組合と西小学校、片桐保育園の協力を得て天竜川からの揚水水利の掃出し口付近の田んぼ3枚と、向かいの保育園の畑への作付です。子供たちは、一粒一粒丁寧に埋めていきました。
 今年の夏には、大きなひまわりが村内各地でみられるかもしれません。

2016年5月5日(木)
第9回 信州なかがわハーフマラソン


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 毎年「こどもの日」に開催されている「信州なかがわハーフマラソン」も今年で9回目となり、全国各地から約3,500人のランナーが集いました。
 当日は、天候も良くさわやかな新緑のなかを、ランナーは沿道からの声援を受けながらゴールを目指しました。
 コース各所での給水所や、誘導などには村内ボランティアスタッフの方々の協力があり、今年も盛大に大会が開催されました。

2016年5月3日(火)
前沢川マス釣り大会


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 毎年5月3日に行われているマス釣り大会が今年も行われました。この大会は、天竜川漁業協同組合第5区支部(飯島・中川)が主催するものです。29日に役員が河川内の草を刈り整備し、当日には約80kgのニジマス(900匹程度)が会場内5ヶ所に分けて放流されました。参加者は大人27人、子供8人で、9時から11時までに釣れた魚の重さを競いました。

 自分で釣ったマスに加えて投網で回収されたニジマスも配られ、大漁の一日となりました。自然で遊ぶ楽しみを水辺で満喫した参加者のみなさん、ゴールデンウィークのよい思い出となったことでしょう。

2016年5月3日(火)
銭不動尊のお祭り


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 銭不動尊は、銭集落の高台にあるお寺で、正式名称を花井山澄月寺といいます。5月3日、銭集落の皆さん、銭集落出身の皆さん、銭不動の本寺である常泉寺を中心とした銭不動尊奉賛会の皆さんによって今年もお祭りが行われました。古くから馬の神様として崇められ、戦前までは飯田下伊那・駒ケ根からもこの例祭に参詣する方がおり、数百の馬がいななく姿は壮観であったといわれています。

 大般若経の転読のあと、境内で陣馬太鼓の演奏や餅投げが行われました。銭地区にあるキャンプ場のキャンプ客も多く参加し、いつも静かな境内ですが、とってもにぎやかなお祭りとなりました。

 銭不動は1,000m近い高台にあり、36災害当時12戸あった集落の中にはお不動様へ避難した世帯もあったということです。馬の背のような谷あいを一望できる場所にあり、境内にある歌碑には「大草城 ゆかりの土地に 陣馬在り 信仰いまに 不動明王」とうたわれています。馬が集結する昔のような景色はなくなってしまいましたが、長く続くお祭りに来年もぜひ足を運んでみてください。
この記事の担当 (問い合わせ先)
総務課企画広報係
〒399-3892
長野県上伊那郡中川村大草4,045番地1
TEL 0265-88-3001(代表)
FAX 0265-88-3890
電子メール kikaku@vill.nagano-nakagawa.lg.jp