村長の部屋 「日本で最も美しい村」連合 村からのお知らせ・募集 ふるさと応援寄付金 広報なかがわ 最近のできごと 放射線量測定結果 緊急情報等配信サービス 休日当番医 主要連絡先 職員募集
中川どんちゃん祭り

10月のできごと

2013年10月31日(木)
坂戸公園周辺整備事業 しゅん工


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 坂戸公園周辺整備事業の竣工(しゅんこう)式が、10月31日に坂戸橋右岸の公園で行われました。
 坂戸橋は長さ78メートルの鉄筋コンクリート造りのアーチ橋で、昭和8年に村内で初めての永久橋として誕生しました。
 当時の最高技術をつぎ込んで造られたことや、曲面を生かしたデザインの美しさが評価され、平成22年1月に国の登録有形文化財に登録されました。
 国の登録有形文化財に登録されたのを機に平成22年度から公園整備をはじめ、総事業費約7,100万円、4年の歳月をかけこの程しゅん工しました。
 しゅん工式では、関係者とみなかた保育園の園児約40名が、オオクサコヒガンザクラ5本とソメイヨシノ3本の苗木を植樹し、工事の完成を祝いました。


2013年10月31日(木)
片桐保育園 さつまいも掘り


タイトルなし
タイトルなし
 片桐保育園のさつまいも掘りが、10月31日に行われました。
 さわやかな秋空のもと、みんなで昨年と同じくらいのさつまいもを収穫しました。


2013年10月27日(日)
天白区区民まつり


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 中川村とふれあい協定を結ぶ名古屋市天白区の「天白区区民まつり まつり天白2013」が、10月27日に天白公園で行われました。
 中川村観光協会では、都市と農村交流事業として毎年まつりに参加しています。この日は、農産物生産者や観光協会会員など21名が参加し、りんごやなし・白菜・ねぎ・加工品などを販売しました。今年も、販売開始前より新鮮な野菜を楽しみにしていた方々で長蛇の列ができ、2時間ほどで売り切れとなる盛況ぶりでした。
 今年は、ふれあい協定締結から15年を迎えるにあたり「陣馬太鼓」が招待され、勇壮な演奏を披露してくれました。


2013年10月27日(日)
葛島区民運動会


タイトルなし
 葛島区民運動会が10月27日に葛島東部グラウンド(柳沢地区)で行われました。
 さわやかな秋晴れのもと、綱引き・大玉送り・混合リレーなどの種目に区民約500名が参加し、熱戦が繰り広げられました。
 優勝は柳沢地区、準優勝は葛柏原地区でした。


2013年10月25日(金)
平成25年 第2回中川村議会臨時会


タイトルなし
タイトルなし
 平成25年第2回中川村議会臨時会が10月25日に開かれました。
 今回の議会には、補正予算2件の議案が提出され、いずれも原案どおり可決されました。


2013年10月20日(日)
第10回 日本みつばち祭り


タイトルなし
 第10回日本みつばち祭りが10月20日にサンアリーナで行われ、県内外から約800名が訪れました。
 日本みつばち祭りは、ニホンミツバチの保護と養蜂技術の普及を目的に、中川村に本部を置く信州日本みつばちの会が主催しています。
 会場では、ミツバチを殺すことなく巣箱から巣箱へ移動させるなどの実演講習や、全国各地の会員が持ち寄った蜂蜜の味比べといった催しが行われました。
 特産品コーナーでは、中川村の野菜や果物が販売され盛況となりました。


2013年10月19日(土)
お料理デビュー講座


タイトルなし
 男女共同参画関連講座「お料理デビュー講座」が、10月19日に中川文化センター調理実習室で行われました。
 今回は、中川村食生活改善推進協議会のみなさんを講師に「健康を維持する秋のバランス食」をテーマとした献立を調理しました。
 普段あまり料理をしない男性や料理を始めてみたい子どもなどを中心に11名が参加し、きのこの炊き込みご飯やさんまの竜田揚げといった秋の味覚を楽しみました。


2013年10月19日(土)
第6回 中川村育樹祭


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 第6回中川村育樹祭が10月19日に陣馬形牧場跡地で行われ、村内関係団体や土木部長、中川東・西小学校の「緑の少年団」など107名が参加しました。
 村有林の保育を行うことにより、村民に対し育林及び森林保護の大切さを啓発し、村有林を次の世代に引き継ぐ森林づくりを目的に昭和59年に始まった育樹祭。今年度は、村と「森林(もり)の里親協定」を締結している株式会社八十二銀行が、5月ミズナラを植えた斜面0.82ヘクタールの草刈りなどを行いました。
 時折小雨の降るあいにくの天候でしたが、参加者は草刈りなどの作業に汗を流しました。


2013年10月19日(土)
中川村歴史民俗資料館 特別展


タイトルなし
 中川村歴史民俗資料館の特別展「村を支えた青年会」〜戦前・戦中・戦後の青年会活動〜が、10月19日から始まりました。
 戦前から戦中、戦後、村を支えた青年会の活動。年配の方には懐かしく、若者には新鮮な青年会活動を、写真・機関紙・賞状・記念品などを中心に振り返ります。
 特別展は11月17日(日)までで、入館料は大人100円、学生50円です。
 開館日時は、火・木・土・日曜日の午前9時から午後4時まです。
 なお、11月1日金曜日は特別開館とし、1日・2日・3日の「村の文化祭」開催期間中はて入館料が無料となります。多くのみなさんのご来館をお待ちしております。
 また、関連事業として、11月9日(土)午後1時50分から高齢者創作館で講演会を行います。歴史民俗資料館の三浦孝美学芸員による「中川村の青年会活動について」と、上伊那郷土研究会員の下平すみ子さんによる「日記に見る戦時下の村の様子」の2つの講演です。講演会は無料です。ぜひご来場くさい。


2013年10月16日(水)
台風26号 りんごに大きな被害


タイトルなし
タイトルなし
 台風26号は、強い北風を伴いながら10月16日に中川村に接近し、収穫期を迎えたりんごを中心に大きな被害をもたらしました。
 村振興課のまとめでは、りんごなどの被害総額は約500万円に上ります。
 特に被害の大きかった葛島地区では、強風で果実が落下した園や根元からりんごの木が倒れた園もありました。


2013年10月16日(水)
北海道中川町 中学生来村


タイトルなし
タイトルなし
 中川村と姉妹町村提携を結ぶ北海道中川町の中学生交流団12名が、10月15日から17日までの3日間中川村を訪れました。
 10月16日には村内散策を楽しんだ後、中川中学校で2年生とトリムバレーボールを行ったり、ランチルームで全校生徒と共に給食を食べたりしました。中川町の中学校には給食がなく、弁当を持参しているそうです。中川村産の食材をふんだんに使ったおいしい給食を堪能してくれたのではないでしょうか。
 初めは緊張気味の生徒たちでしたが、交流を通じすぐにうち解け親睦を深めました。


2013年10月13日(日)
第18回 中川ふれあい福祉広場


タイトルなし
タイトルなし
 第18回中川ふれあい福祉広場が、10月13日にサンアリーナで行われました。
 大勢の人が集うことによりふれあいが生まれ、たくさんの笑顔にかえることができればと平成8年から行われ、今年で18回目です。
 会場では各種団体による出店が行われ、子どもからお年寄りまでみんなで交流を深めました。また、ふれあいステージでは、小中学生によるダンスの発表や吹奏楽の演奏、和太鼓、大正琴、コーラスなどが披露され、観客からは大きな拍手が送られました。


2013年10月4日(金)
中川西小学校5年生 稲刈り


タイトルなし
タイトルなし
 中川西小学校の5年生は10月4日に、学校近くの田んぼで稲刈りを行いました。
 天候に恵まれたこの日は絶好の稲刈り日和となり、保護者たちから指導を受ながら、8アールの水田に黄金色に実った稲穂を鎌(かま)で収穫し、わらで束ねて、はざ掛けしました。
 児童の大多数が稲刈り初体験でしたが、黙々と作業に取り組み心地よい汗を流しました。
 今後は、10月中に昔ながらの器具を使った脱穀を体験したり、11月に保護者と一緒に収穫祭として餅つきが計画されています。


2013年10月1日(火)
中川村鳥獣被害対策実施隊 発足


タイトルなし
隊員に貸与された『腕章』
隊員に貸与された『腕章』
 中川村鳥獣被害対策実施隊(以下「実施隊」)の任命式が、10月1日に行われました。
 鳥獣被害防止特別措置法に基づき、平成25年9月議会定例会において中川村鳥獣被害対策実施隊設置条例が制定され実施隊が発足し、中川村猟友会の会員を中心とした49名を隊員として任命しました。
 隊員の身分は、非常勤特別職の地方公務員で、活動中の事故などによる公務災害の適用や狩猟税の減額措置などのメリットがあります。
 村内では鳥獣防止柵の設置により、農作物被害に対する一定の効果が見られています。しかし、完全に防げていないのが現状です。今回実施隊が発足したことにより、隊員による一層の駆除推進が期待されます。


2013年10月1日(火)
下平教育長 就任式


タイトルなし
 下平達朗教育長の就任式が、10月1日に基幹集落センターで行われました。
 式で下平教育長は、「子どもたちが元気で、それぞれの持てる力を充分発揮できることが、その子どもの人生にとって大きな力となる。」と話し、協力を求めました。
 任期は平成25年10月1日から平成29年9月30日までの4年間です。


この記事の担当 (問い合わせ先)
総務課企画広報係
〒399-3892
長野県上伊那郡中川村大草4,045番地1
TEL 0265-88-3001(代表)
FAX 0265-88-3890
電子メール kikaku@vill.nagano-nakagawa.lg.jp