村長の部屋 「日本で最も美しい村」連合 村からのお知らせ・募集 ふるさと応援寄付金 広報なかがわ 最近のできごと 放射線量測定結果 緊急情報等配信サービス 休日当番医 主要連絡先 職員募集
中川どんちゃん祭り

5月のできごと

2012年5月29日(火)
中川村農作業安全大会


タイトルなし
 全国的に農作業中の事故が多発していることを受け、中川村営農センターは5月29日に「中川村農作業安全大会」をJA中川支所で行いました。関係者など約50名が参加して「安全確認で、家族と農業を守ろう!」を合言葉とする「農作業ゼロ宣言」を採択し、安全意識の高揚を図りました。
 村内でも平成23年12月8日と今年5月14日に死亡事故が発生し、高齢者2名が亡くなっています。
 農業機械の利用が多くなるこれからの時期、機械の機能を理解することや緊急時の停止方法の確認したうえで、安全な農作業をお願いします。


2012年5月29日(火)
中川村戦没者戦争犠牲者追悼式


タイトルなし
 中川村戦没者 戦争犠牲者追悼式が、5月29日に中川文化センターで行われました。
 一昨年までは公務殉職者慰霊祭として開催していましたが、公務で戦死した方々だけでなく一般市民を含め、敵味方を問わず戦争の犠牲になった方々に思いを致す機会とするため、名称が変更になりました。
 出席した参列者は、黙とうや献花を行い、戦没者戦争犠牲者に哀悼の意を表しました。


2012年5月28日(月)
中川東小学校5年生 田植え


タイトルなし
 中川東小学校の5年生(17名)は5月28日、学校近くの田んぼで田植えを行いました。
 晴天の絶好の田植え日和となり、保護者たちから指導を受け、4アールの水田にもち米とコシヒカリの苗を植えました。
 予め田んぼに線を引き、一列に並んだ児童たちは2列ずつ苗を植えました。泥水で線が見えにくいなか、始めは曲がらないように慎重に植えていましたが、なかなか直線にならず曲がりながらも和気藹々とした田植えとなりました。
 秋には、保護者と一緒に稲刈りと収穫祭が予定されています。


2012年5月21日(月)
金環日食観測


タイトルなし
タイトルなし
 太陽と月が重なり、太陽がリング状にに光って見える世紀の天体ショー「金環日食」が5月21日に中川村でも観測されました。
 村内の小中学校でも午前7時過ぎから希望する児童・生徒がそれぞれの学校に集まり、月が徐々に太陽を覆い隠し、欠けていく様子を見守りました。
 そして、7時31分頃金色のリングが現れると次々と歓声が上がり、3分間の天体ショーを楽しみました。


2012年5月19日(土)
中川中学校吹奏楽部 第1回定期演奏会


タイトルなし
 中川中学校吹奏楽部の第1回定期演奏会が、5月19日に中川文化センター大ホールで行われました。
 今年から、昨年まで行われていたスプリングコンサートが定期演奏会として改められ、今回第1回目の演奏会となりました。
 プログラムは第1部の「震災復興応援ステージ」と第2部の「ポップス・吹奏楽オリジナルステージ」の2部編成となっており、それぞれのステージで会場を魅了しました。
 震災から日本を勇気づけるポップス曲や、会場が一体となり「ふるさと」を吹奏楽にのせて来場者が歌う演奏もあり、日頃の練習の成果が発揮された心に響く素晴らしい演奏会となりました。


2012年5月19日(土)
飯沼地区の棚田に田植え


タイトルなし
 飯沼地区の傾斜地に階段状に広がる棚田の田植えが5月19日、棚田の景観保全に取り組む「飯沼農業活性化研究会」のメンバーと村民あわせて25名が参加し、行われました。
 棚田の荒廃防止と、酒米「美山錦」の栽培から酒造りを通じて地域の活性化を図るこの取り組みも、今年で9回目を迎えます。秋には米の収穫が行われ、地酒「今錦おたまじゃくし」(特別純米酒)として商品化されます。
 好天に恵まれたこの日は、残雪の中央アルプスが水面に映りこむ棚田約50アールに、手植えと田植え機で「美山錦」が植えられました。
 参加者は晴れ渡る青空の下、アルプスと雄大な山々が広がる風景を背景に、秋の豊作を願いながら作業に励みました。


2012年5月19日(土)
金環日食事前学習会


タイトルなし
タイトルなし
 中川村にある天体観測施設「銀河ドーム」を管理運営する「ポラリスの会」主催の金環日食事前学習会が、5月19日に銀河ドームで行われました。
 この日は小学生以下の親子約50名が参加。21日に25年ぶりにみられる金環日食にむけて金環日食観察時の注意点を学んだり、日食メガネを作りました。
 21日には中川村でも金環日食が観察できるといいですね。


2012年5月18日(金)
車イスをいただきました


タイトルなし
 株式会社介護センター花岡さん(本社:下諏訪町)より車イス3台が寄贈され、贈呈式が5月18日に行われました。
 この車イスは、会社設立10周年を記念して、中川村に寄贈されたものです。
 村では、役場庁舎に1台、中川文化センターに2台設置し、有効に利用させていただきます。


2012年5月8日(火)
中川西小学校 「みどりの少年団」に仲間入り


タイトルなし
 中川西小学校が平成24年度から「みどりの少年団」に仲間入りし、5月8日に結団式が行われました。
 「みどりの少年団」は、昭和35年に国土緑化推進委員会(現・公益社団法人国土緑化推進機構)が緑化を実践する少年団の結成を呼びかけたことが始まりで、緑とのふれあいを通じて、緑と親しみ、緑を守り育てる心を養うと同時に、その活動を通じて、緑化思想の高揚と緑への正しい知識を身につけるなど、情操豊かな人間に育つことを目的に、県内では177団体が結成されています。
 西小学校では、学校林の整備や学校花壇の整備などさまざまな緑化活動を展開しており、これまでの取り組みをさらに充実させようと、上伊那郡下では21番目団として結成されました。
 式で新井幸徳校長は、「わたしたちの命を守ってくれる緑を大切にする人になってほしい」とあいさつし、新たな気持ちで活動に取り組むことを確認しました。


2012年5月5日(土)
第5回 信州なかがわハーフマラソン


タイトルなし
タイトルなし
タイトルなし
 第5回信州なかがわハーフマラソンが5月5日、牧ヶ原文化公園をメイン会場に行われました。 
 今年で5回目を数え、前回よりも約800人多い約3,000人が参加しました。
 コースは、牧ヶ原文化公園を発着点としたハーフマラソン、5キロ、3キロ、ペア3キロの4種目。ハーフマラソンは、天竜川や中央アルプスを眺めながら走るやや起伏の多いコースです。
 天候にも恵まれ、参加者は沿道からの声援を受けて、ゴールを目指しました。
 大会を運営するボランティアスタッフには、約400人の方のご協力があり、今年も盛大に開催されました。


2012年5月2日(水)
滞在型市民農園「信州天のなかがわ」しゅん工式


タイトルなし
 針ヶ平地区にある滞在型市民農園「信州天のなかがわ」のしゅん工式が5月2日、村関係者や地域住民、農園の利用者など120名が出席して行われました。
 一般に市民農園とは、サラリーマン家庭や都市の住民の方々が野菜や花の自家栽培、生きがいづくりなどの様々な目的で利用できる農園です。
 平成21年度から建設が進められ、宿泊施設21棟と管理交流棟1棟のすべてがこのほど完成しました。
 しゅん工式では農園の看板の除幕式が行われました。この看板は、9年前の御射山神社の御柱祭で片桐地区から出された御柱で作られ、中川村が加盟している「日本で最も美しい村」連合のロゴが入っています。
 今後より一層、都市部からの交流人口の増加が期待されます。


2012年5月1日(火)
アンフォルメル中川村美術館「今井由緒子展」 −太古からの伝言−


タイトルなし
タイトルなし
 アンフォルメル中川村美術館「今井由緒子展」−太古からの伝言−が、5月1日から開催されています。
 駒ヶ根市在住の彫刻家今井由緒子さんの石や木を用いた抽象彫刻をはじめ、線描画やアクリル画など約20点が展示されています。
 作品のなかでも美術館アトリエ棟の高さ2メートル余りの白樺の木13本には、「水」・「空」・「愛」などの文字が刻み込まれ、それぞれの神とした作品「森神」がひときわ目を引いています。
 展示は6月10日(日)まで行われています。また、5月15日(火)・27日(日)・6月10日(日)は今井さんが在館しますので、ぜひお出掛けください。


 【開館日】  火・木・土・日曜日
 【開館時間】 午前9時〜午後4時
 【入館料】  一般    300円
        高校生以下 100円
【問い合わせ】アンフォルメル中川村美術館 TEL 0265-88-2680


2012年5月1日(火)
「創作の村」を巡る展覧会 第2回 アトリエ開放展


タイトルなし
タイトルなし
 中川村のアーティスト・工芸家たちによる第2回アトリエ開放展が5月1日から6日までの6日間、それぞれの工房などを会場に行われています。
 さまざまなアーティスト・工芸家が創作の場を構える中川村。普段見る機会の少ない工房を、自由に巡ることができる展覧会として昨年に続き企画されました。
 初日の5月1日には、それぞれの工房に、村内外、遠くは県外から大勢の方が訪れ、作品に触れたり、作家から仕事への情熱を聞いたりして楽しんでいました。

 アトリエ開放展は5月6日(日)まで開催されます。
詳しくは、アトリエ開放展ホームページをご覧ください。


この記事の担当 (問い合わせ先)
総務課企画広報係
〒399-3892
長野県上伊那郡中川村大草4,045番地1
TEL 0265-88-3001(代表)
FAX 0265-88-3890
電子メール kikaku@vill.nagano-nakagawa.lg.jp