村長の部屋 「日本で最も美しい村」連合 村からのお知らせ・募集 ふるさと応援寄付金 ふるさと応援団 広報なかがわ 最近のできごと 放射線量測定結果 緊急情報等配信サービス 休日当番医 主要連絡先 職員募集
中川どんちゃん祭り 中川村観光協会 YouTube 中川村チャンネル 中川村お試し住宅 中川村お試しシェアオフィス 雨量計システム

6月のできごと

2008年06月28日(土) 小学校音楽会


タイトルなし
タイトルなし
 6月28日、東西小学校で校内音楽会が行われました。
 各学年練習をしてきた合唱や合奏、オペレッタなどを披露しました。
 みんな心をひとつにして、一生懸命演奏しました。


2008年06月22日(日) 中川村発足50周年記念協賛 うちょうらん展示即売会


タイトルなし
 中川村発足50周年記念協賛として6月22日「うちょうらん展示即売会」がチャオ特設会場で開催されました。
 「うちょうらん展示即売会」は、村花うちょうらんを育てる会が毎年行っているもので、今年で26回目です。
 展示会では、会員所有の鉢植え、40鉢ほどが展示されました。訪れた人たちは会員からうちょうらんの育て方などの説明を聞きながら鑑賞していました。
 中川村では発足20周年を迎えた昭和53年に、村木をひのき、村花をうちょうらんと制定しました。うちょうらんは花びらの形と花の色、模様にそれぞれ独特の趣があり、人の和と自然の美しさを表しています。
 うちょうらんは、以前、小渋峡の急斜面の林の下や岩場に数十万株といわれるほど生えていました。しかし、うちょうらんブームに乗って、ほとんどが採りつくされて絶滅に近い状態になってしまいました。このままでは村の花であるうちょうらんが無くなってしまうということで、「村花うちょうらんを育てる会」が昭和57年に発足しました。現在の会員は16名。うちょうらんの栽培と普及に取り組んでいます。

2008年06月19日(木) 道路クリーン作戦


タイトルなし
 毎年恒例となった「道路クリーン作戦」が6月19日、建設業協会の主催で行われ、県、村などから約25名が参加して、村内幹線道路周辺のごみ拾いを行いました。

2008年06月08日(日) 片桐区有林の植林作業


タイトルなし
 6月8日、片桐区有林の植林作業が行われ、片桐区民約100名、中川西小学校5,6年生50名が参加しました。作業ではヒノキの植林、枝打ちが行われました。
 途中、児童代表により「中川村合併50周年記念植樹」の標柱の設置も行われました。

2008年06月08日(日) りんごの木のオーナー開園式


タイトルなし
 6月8日、りんごの木のオーナー開園式がサンアリーナを会場に約550名の参加で賑やかに行われました。
 園主の誘導でりんご園に行き、説明を聞きながら木を選びました。
 午後はいちご狩やわらび狩も楽しみました。
 今年契約オーナー数は365名。
 秋の収穫が待ち遠しいですね。

2008年06月08日(日) 中川村発足50周年記念植樹


タイトルなし
 中川村発足50周年の記念イベントである「記念植樹」が6月8日、天竜川河川敷公園(仮称)で行われ、一般参加者、総代会、議員、村関係者など約130名が参加しました。
 参加者はスコップを持参し、ソメイヨシノ、イチョウ、ケヤキなど7本の植樹をしました。また、事前に植樹した「被爆の木」の紹介がありました。
 「被爆の木」は、広島県からいただいた「被爆アオギリ2世」と長崎県からいただいた「被爆クスノキ2世」の2本です。どちらの木も1945年に投下された原子爆弾により、焼け野原になった土地から見事に新しい生命の息吹を吹きかえした木の種から育てたものです。中川村は昭和59年に「戦争のない明るい住みよい明日の世界を願い、非核、平和都市とする」宣言をしました。また、平成17年に、日本非核宣言自治体協議会に加盟しました。核兵器のない平和な自然環境を大切にすることを願って植樹されました。

この記事の担当 (問い合わせ先)
総務課むらづくり係
〒399-3892
長野県上伊那郡中川村大草4,045番地1
TEL 0265-88-3001(代表)
FAX 0265-88-3890
電子メール kikaku@vill.nagano-nakagawa.lg.jp