村長の部屋 「日本で最も美しい村」連合 村からのお知らせ・募集 ふるさと応援寄付金 広報なかがわ 最近のできごと 放射線量測定結果 緊急情報等配信サービス 休日当番医 主要連絡先 職員募集
中川どんちゃん祭り

戸籍の届出

○届書は鉛筆・消せるボールペンで記入しないで下さい。


■出生届(赤ちゃんが生まれたとき)



○届出期間
 生まれた日から14日以内(国外での出生の場合は3ヶ月以内)

○届出地
 ・本籍地
 ・届出人の所在地(住所地・一時滞在地等)
 ・出生地

○届出義務者(次の順位で届出)
 1.父または母(出生前に父母が離婚している場合、嫡出でない子は母)
 2.同居者
 3.出産に立ち会った医師、助産師、その他

○届出に必要なもの
 ・出生届、出生証明書(一般的には出生届と一体になっています)
 ・印鑑(シャチハタ不可)
 ・母子手帳
 ・国民健康保険加入者は国民健康保険証・国保加入者以外の方は加入健康保
  険の保険証の写し
 ・通帳(口座番号)

〈注意事項〉
 ・名前に使用出来る字は、常用漢字、人名用漢字、ひらがな、カタカナです。
 ・住所地が中川村でない場合、住所地で国民健康保険に関すること、児童手
  当、乳幼児医療の申請手続が必要となります。住所地の市町村役場へお問
  い合せください。
 ・外国でお子さんが生まれた場合手続きが異なりますので、住民税務課住民
  係までお問い合せください。


■死亡届(亡くなられたとき)



○届出期間
 届出義務者が死亡の事実を知った日から7日以内(国外での死亡の場合は3
 ヶ月以内)

○届出地
 ・死亡した人の本籍地・住所地
 ・届出人の所在地(一時滞在地等)
 ・死亡地

○届出義務者(次の順位で届出)
 1.同居の親族
 2.同居してない親族
 3.家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人

○届出に必要なもの
 ・死亡届、死亡診断書(死亡検案書)(一般的には死亡届と一体になってい
  ます)
 ・印鑑(シャチハタ不可)
 以下該当者のみ(住民税務課住民係へ確認してください)
 ・国民健康保険証
 ・後期高齢者医療受給者証
 ・福祉医療受給者証
 ・介護保険受給者証
 ・身障者手帳
 ・年金証書
 ・通帳(口座番号)

○手数料
 ・伊南聖苑使用料  *10歳以上 12,000円
           *10歳以下 7,000円(住所が伊南市町村内の場合)
 ・埋葬許可証   300円

〈注意事項〉
 ・住所地が中川村でない場合、住所地で国民健康保険、国民年金、介護保
  険、後期高齢者医療に関すること等の手続が必要となります、住所地へお
  問い合せください。
 ・外国で亡くなられた場合手続きが異なりますので、住民税務課住民係まで
  お問い合せください。

〔火葬の予約・埋葬許可について〕
 死亡後24時間経過しないと火葬・土葬にすることはできません。

*伊南聖苑火葬場
  住民税務課住民係を通じて火葬場の予約を行い、火葬日の前日3時までに
 住民税務課にて死亡届出手続を行ってください。
  役場発行の火葬許可証を当日火葬場へお持ちください。
 <火入れ時刻>  午前9時、10時、11時30分  
          午後1時30分、2時30分
 <使用料>

故人、喪主の住所大人
(10歳以上)
子ども
(10歳未満)
死産児
(妊娠12週
以上)
死産児
(妊娠12週
未満)及び
胞衣等
伊南市町村内12,000円7,000円5,000円2,500円
伊南市町村外50,000円30,000円15,000円10,000円



*伊那市営火葬場
  住民税務課住民係を通じて火葬場の予約を行ってください。
  死亡届出後、役場発行の火葬許可証、火葬許可申請書を持って、火葬日の
 前日3時までに伊那市役所市民課にて火葬許可書の交付を受けてください。

*飯田市斎苑
  飯田市役所市民課へ喪主の方が直接予約を行ってください。予約後、役場
 にて死亡届手続を行い、役場発行の火葬許可証、火葬許可申請書を持って、
 火葬日の前日中に飯田市役所市民課にて火葬許可書の交付を受けてくださ
 い。


■婚姻届(結婚したとき)



 外国人との婚姻、外国での婚姻の場合手続が異なります。
 ここでは日本人同士、日本で婚姻する場合について説明します。

○婚姻要件
 ・婚姻の意思の合致があること
 ・男は満18歳、女は満16歳に達していること
 ・重婚でないこと
 ・妻、再婚禁止期間(前婚解消又は取消し後100日)を経過していること
 ・近親間の婚姻でないこと
 ・未成年者の婚姻の場合、父母の同意があること

○届出地
 ・夫または妻の本籍地・所在地(住所地、居所、一時滞在地など)

○届出人
 ・当事者双方(届書署名欄へ自署、押印する)

○証人
 ・成人の証人2人以上必要(証人欄へ自署、押印する)

○添付書
 ・本籍地でない市町村で届出する場合、戸籍全部事項証明(戸籍謄本)1通
 ・未成年者の婚姻の場合、父母の同意書(その他欄へ同意の旨記載し、署
  名・押印でも可)

〈注意事項〉
 ・この届書により住所の異動は出来ません。住所変更が必要な場合は平日に
  住民税務課窓口において住民異動の手続きをしてください。
 ・戸籍に関する虚偽の届出が増加しています。虚偽の届出の早期発見のた
  め、免許証・パスポート等により本人確認をさせて頂きます。(本人確認
  できなかった場合は後日通知いたします。)
 ・休日宿直でも受付いたしますが、その場合は前日までに住民係に届書の確
  認をしてください。
 ・外国人との婚姻、外国で婚姻された場合手続が異なりますので、住民税務
  課住民係までお問い合せください。


■離婚届



 外国人との離婚、外国での離婚の場合手続が異なります。
 ここでは日本人同士、日本で離婚する場合について説明します。

○離婚要件
 ・離婚の意思の合致があること

○届出地
 ・夫または妻の本籍地・所在地(住所地、居所、一時滞在地等)

《協議離婚届》
○届出人
 当事者双方(届書署名欄へ自署、押印する)

○証人
 成人の証人2人以上必要(証人欄へ自署、押印する)

○添付書類
 ・本籍地でない市町村で届出する場合、戸籍全部事項証明(戸籍謄本)1通

《裁判離婚届(調停・審判・判決・和解・認諾)》
○届出人
 判決離婚の場合は訴提起者、審判又は調停離婚の場合は申立人

○証人
 不要

○届出期間
 判決若しくは審判確定の日または調停成立の日から10日以内

○添付書類
 ・審判書若しくは判決の謄本と確定証明書、調停調書の謄本
 ・本籍地でない市町村で届出する場合、戸籍全部事項証明(戸籍謄本)1通

○添付書類
 ・未成年の子がいる場合は必ず親権者を定めてください。子は父母の離婚に
  より戸籍は変動しません。離婚により除籍、復氏した父または母と同籍に
  するには家庭裁判所の許可を得て入籍届が必要です。
 ・婚姻時の氏を離婚後も称したい場合、離婚届後3ヶ月以内に婚氏続称の届
  出をされると婚姻時の氏を称することができます。
 ・この届書により住所の異動はできません。住所変更が必要な場合は平日に
  住民税務課窓口において住民異動の手続きをしてください。
 ・戸籍に関する虚偽の届出が増加しています。協議離婚届をされる場合、虚
  偽の届出の早期発見のため、免許証・パスポートなどにより本人確認をさ
  せて頂きます。(本人確認できなかった場合は後日通知いたします。)


■転籍届



 戸籍の所在場所である本籍地を移転する場合の届出。
 日本領土内であればどこにでも本籍地は定めることができます。

○届出地
 ・届出人の本籍地・所在地(住所地、居所、一時滞在地など)
 ・新本籍地

○届出人
 ・筆頭者及びその配偶者

○添付書類
 ・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) 1通




この記事の担当 (問い合わせ先)
住民税務課住民係
〒399-3892
長野県上伊那郡中川村大草4,045番地1
TEL 0265-88-3001(代表)
FAX 0265-88-3890
電子メール regist@vill.nagano-nakagawa.lg.jp